会社概要
Corporate Profile

自動車産業と繊維産業のクロスオーバー技術をグローバルに提供する会社、
それが豊通ヴィーテクスです。

トップメッセージ

1961年の創業以来、豊田通商グループの一員として、同グループの自動車産業に於ける戦略に呼応しながら、自動車製造向け繊維製品の製造に専心してきました。
そのコアテクノロジーとなるのは、創業以来の確かな繊維加工技術とトヨタ自動車の生産システムであるTPSをベースとした確かなモノづくり体制。
自動車×繊維という強みを生かしてエアバッグのような重要保安部品から、カーカーテンやシートインサートなどの内装部品を生産し、クルマの安全・快適に大きく寄与しています。

近年ではベトナムや中国などを始めとした海外生産による急成長が進み、連結売上は100億円を突破。
世界でともに働く仲間も数多く、連結での従業員数は2600名に達しました。
取引先各社や社員の皆が明るく前向きに取り組めることを第一の課題と受け止めて働く環境の整備を進めています。

これからも更なる成長に向けて、当社は豊田通商グループとの強固な協力関係を活用。
高品質な製品をグローバルに供給していくことを使命と感じています。

豊通ヴィーテクス株式会社
代表取締役社長 平田龍平

企業理念

安全・安心を第一に、
「モノづくり」「開発機能」
を追求し、
自動車の快適な
車室空間の創出に貢献する

会社情報

社 名 豊通ヴィーテクス株式会社
設 立 1961(昭和36)年4月
資本金 5000万円
業務内容 自動車用繊維製品・衣料品の製造・販売
物流サービス
役 員 代表取締役社長  平田 龍平
取締役      西田 英司
取締役      多湖 重明
取締役(非常勤) 新井 隆弘
監査役(非常勤) 谷  英治
社員数 111名(2021年3月現在)
売上高 13,879百万円(2021年3月期) ※海外子会社連結
主要仕入先 豊田通商、豊通オートモーティブクリエーション
主要販売先 豊田通商、豊通オートモーティブクリエーション、トヨタ車体、TBユニファッション

会社沿革

1961年4月(昭和36年) 豊田通商㈱、アイシン精機㈱の共同出資により資本金1000万円で設立
1963年5月(昭和38年) 豊田通商の出資比率80%となる
1965年4月(昭和40年) トヨタ系ディーラー向けユニフォームの生産開始
1968年9月(昭和43年) 自動車用シートベルトの生産開始
1970年6月(昭和45年) 資本金3000万円に増資
1973年6月(昭和48年) 第3工場完成
1973年6月(昭和48年) シートカバーの生産開始
1976年10月(昭和51年) 第4工場完成
1977年12月(昭和52年) 資本金を5000万円に増資
1980年5月(昭和55年) フロアマットの生産開始
1981年8月(昭和56年) 第5工場完成
1982年4月(昭和57年) トヨタ系海外ディーラー向けユニフォームの販売開始
1983年6月(昭和58年) ワンボックス車用カーテンの生産開始
1986年2月(昭和61年) TSS HI-TECHラインを導入
1992年10月(平成4年) 本社移転(名古屋より現在地へ)
1993年5月(平成5年) 第5工場増築
2000年10月(平成12年) エアバッグ生産開始
2001年2月(平成13年) ISO9001認証取得
2002年4月(平成14年) ISO14001認証取得
2003年10月(平成15年) 中国浙江省に平湖東和汽車部件有限公司を設立
2006年12月(平成18年) 新倉庫、生技厚生棟、事務所完成
2007年10月(平成19年) 社名を豊通ヴィーテクス株式会社に変更
2010年4月(平成22年) ベトナムビンズン省に豊通ヴィーテクスベトナムを設立
2013年3月(平成25年) 豊田通商の100%子会社となる
2019年4月(平成31年) 豊通ヴィーテクスベトナムがToyotsu Safety & Automotive Components (VietNam) Co.,LTDへ社名変更